スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

来た役は断らない“脇役の鑑”小日向文世

 キムタクがどんなに逆立ちしたってかなわない。「役者別積算視聴率」なる数字があるとすれば、今のTV界でこの人に勝てる人はいないだろう。それほど高視聴率番組に、しかも立て続けに出演している。ここ最近の話題作を挙げてみても「僕の歩く道」「古畑任三郎ファイナル」「タイガー&ドラゴン」「救命病棟24時」という具合。なにしろ、キムタク主演で、全話30%超えという偉業を成し遂げたヒットドラマ「HERO」(フジテレビ)にも検察事務官役で出演していたから、ちょっとやそっとで勝てる相手じゃない。
 昨年暮れ、読売新聞が「好きな脇役」の読者アンケートを実施したところ、寺田農、渡辺いっけいなどを抑えてトップに選ばれた。「ドラマになくてはならない存在」「ふんわり守ってくれる役に見事にはまっている」などの声が相次いだという。
 北海道生まれの53歳。20歳まで芝居と無縁だった。高卒後、上京し、写真専門学校を卒業した時点で、急に自分をアピールしたくなり、文学座を受験。しかし、それまで一度も舞台を見たことがないズブの素人が演劇界のエリートコースに受かるはずもなく、あえなく不合格。ひょんなことで当時、文学座の中村雅俊と知り合い、一時、付き人をやっていた。

 翌年、六本木の地下劇場を拠点に活動していた「自由劇場」を受験し、今度は合格。役者人生を歩み始めた。当時の看板といえば、吉田日出子や串田和美。以後、96年に劇団が解散するまで在籍し、「上海バンスキング」「三文オペラ」などで脇を固めた。
「テレビ、映画で活躍するのはそれ以後のこと。42歳の“遅咲き”ながら、前述のドラマのほか、『リング2』『いま、会いにゆきます』『ALWAYS 三丁目の夕日』などの映画にも出演している。あるインタビューでは“テレビと舞台で、今はテレビが好き”“来た役は断らない”と言っている。脇役の鑑(かがみ)です」(芸能記者)
 見かけは「いい人」そのものだが、役柄では冷酷な医師から、街のヤクザ者まで何でもこなす。
 同じく脇役で活躍する戸田恵子に「素顔と演技の敷居がない」とうらやましがられたことがあるという。それほど、どんな役も自分のものにしている、ということだ。
 かつて、朝日新聞の劇評は「軟体動物を思わせる演技」と書いた。その評価通り、きょうもどこかの画面にヌルッと出ている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070212-00000002-gen-ent&kz=ent
スポンサーサイト
国内ニュース | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。